身体のパーツ逆転スレ

1名無しさん@ピンキー2016-07-07 11:50:09

口と肛門が入れ替わったり

手と足が入れ替わったり

ひげが生えてるのが男女逆だったり

内臓が入口出口あべこべだったり

身体のパーツがおかしい専門スレ

男女の性器が逆転に関してはこちらのスレで

hhttp://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1390583070/l50

6名無しさん@ピンキー2016-07-09 03:01:38

>>1の内臓が入口出口あべこべだったりを書いてみた。スカトロ要素注意。

工藤 銀杏(くどう・ぎんなん)は女子高校生である。

憂鬱なテスト週間がやっと終わって、友達二人と3人でファミレスで食事をしていた。

「あーあ、全然勉強してないから数学とかできなかったわ…」

私の友達である、陸上部のエースの神宗 迅子(かんそう・じんこ)はクレープを頬張りながら、気だるそうな顔で言った。

その言葉に反応するように、隣に座る女の子のパフェを食べるスプーンの手が止まる。

「わたしもー、今から結果が憂鬱ですー」

帰宅部でオタクでもある、友達の井伊 灰華(いい・はいか)は机に突っ伏しながらそう言うと、

スプーンをパフェに差し込み、クリームと苺をすくいあげ、口の中へ運んだ。

「んん〜♪でもテストの後のスイーツは格別ですね〜」

井伊は両手を頬にあてがい、おいしそうに咀嚼した。

私が頼んでいるショートケーキだけが遅れていて、二人が食べている様子を恨めし気に眺めていた。

ふと、窓から空を眺めると、そこには宇宙の円盤のようなものが飛んでいた。

「ね、ふたり……あれ……」

わたしがそう言いかけると、一面に電気が走ったかのように視界が真っ白になり、気を失った。

気を失っている間、私はトイレでご飯を食べている夢を見た。ネットで見たようないわゆる便所飯である。

しかし私はなぜか、嫌な気持ちにもならず、むしろおいしそうに楽しく食べている不思議な夢だった。

「……ちゃ……んなん…………」  「銀杏ちゃん!」

友達の声に、私は目覚める。

私はいつの間にか、机に突っ伏していたようで、はっと顔をあげる。

神宗と井伊は心配そうにこちらを見ていた。

「あ、いや、大丈夫、ごめんね」

私はそういうと、神宗も井伊もほっとした顔をうかべた。机の上には、注文していたショートケーキがあった。

20名無しさん@ピンキー2016-07-11 00:19:17

>>1にヒゲの生える立場が男女逆とも書いてあるし、セーフなんじゃない?

というかあんま細かいルールはないと思う

体のパーツが交換されたり、変化するような設定なら基本なんでもアリかと

4名無しさん@ピンキー2016-07-08 16:04:27

これ?

hhttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=39422513

11名無しさん@ピンキー2016-07-09 19:00:20

まあこれって小説より絵のほうが映えるジャンルだよねw

21名無しさん@ピンキー2016-07-11 00:22:41

というか、体毛の生える場所が逆転って具体的にどういうことか気になるw

どこに萌えるのか教えてくれ〜〜w

25死刑執行人 ◆ErY2TknG0w 2016-07-13 16:46:16

「あ、ああっ! き、来た…うんち来たっ! おしり開いちゃうっ…… あ、あ、あああ……! あぐぅっ…!

みんな見て…見てぇ……! 私のうんち! みんなで犯して下さいっ!!」

踏ん張り始めてから、肛門が開いてうんちの先っちょが顔を出すまで、すぐだった様な、とても時間が掛かったような……

括約筋を押しのけ、やわらかな肉壁を擦りながら出て行こうとする大便の感触が、私の脳を犯します。

さっきのモヤモヤも、気持ち悪さも押し流す、歓喜のときがやってきました。

私の一番大好きな、公開脱糞の瞬間が……

「で、出るっ……! でるぅ……!! んううぅっ……………!!」

ぷぷっ…! む……

ぶ… もりゅっ…… ぶ、ぶりゅりゅりゅりゅっ!!  むちゅちゅっ……!!

「あ、あぁ……! ふぁ…あっ……! ああああっ……!」

その数秒が、永遠に続けばいいのに……。

べちゃっ! と大きな音を立てて、私の肛門から溢れ出たほかほかのうんちが、お皿の上、古いうんちに被さっていきます。

ずっと味わっていたいけれど、力いっぱい踏ん張ったら、それはほんの短い間……せつないです。

ピンク色の肉穴から勢いよく飛び出た私の大便は、カメラの前で小さな山を作って、白い湯気をたてていました。

思ったよりも、いっぱい……。

これでいいんだ、と私は思いました。

「あぁ… は…あぁぁぁ………」

うんちも見てほしいけど、今夜は私も見て欲しい。

軽くイきながら直腸の中身を全部しぼりだした後も、私は開ききったおしりの穴を締めないでいました。

そのまま、ぐぐっと腰を前に突き出し、オープニングの時みたいにアップに、腸液の湯気でレンズが曇るくらいに。

便が付着したままの肛門の肉壁と、ついさっきまで大便で満杯だった、私の腸内までがカメラに晒されます。

その刹那に、おしりの穴に無数の男性の逞しい性器を感じて……私の心は、天国の入り口に立っていました。

うんこっこwかも〜んなwかも〜んなwかも〜んなwかも〜んなwかも〜んなwかも〜んなwかも〜んなwかも〜んなw

27死刑執行人 ◆ErY2TknG0w 2016-07-13 21:12:59

制圧完成記念w

28名無しさん@ピンキー2016-07-13 23:17:37

そうだね

あんまり公開排便ネタは好きじゃないけど

SS投下するならちゃんとスレタイに沿ったシチュで書いてね

29死刑執行人 ◆ErY2TknG0w 2016-07-13 23:22:28

>>28

うんこっこwかも〜んなwかも〜んなw

31名無しさん@ピンキー2016-07-13 23:30:31

あ、いいねそれ

人の頭にはウンコが、肛門から脳みそが出る世界…いや

人の頭にウンコがあって、それが鼻や口から出る世界とか?

脳みそは胃腸のあたりにあるとか

34名無しさん@ピンキー2016-07-14 01:12:42

いやマンコは口とかへそとか胸の谷間とか

36名無しさん@ピンキー2016-07-14 02:06:14

>>34

おでこに肛門、胸に性器がついてるとおしっこしづらそうだな…

男もってことだし

38名無しさん@ピンキー2016-07-14 13:10:10

お互いの口と性器の逆転

声帯とか口内も入れ替わるのは予想以上にイイ

続き期待

39死刑執行人 ◆ErY2TknG0w 2016-07-14 13:17:15

>>38

「あ、ああっ! き、来た…うんち来たっ! おしり開いちゃうっ…… あ、あ、あああ……! あぐぅっ…!

みんな見て…見てぇ……! 私のうんち! みんなで犯して下さいっ!!」

踏ん張り始めてから、肛門が開いてうんちの先っちょが顔を出すまで、すぐだった様な、とても時間が掛かったような……

括約筋を押しのけ、やわらかな肉壁を擦りながら出て行こうとする大便の感触が、私の脳を犯します。

さっきのモヤモヤも、気持ち悪さも押し流す、歓喜のときがやってきました。

私の一番大好きな、公開脱糞の瞬間が……

「で、出るっ……! でるぅ……!! んううぅっ……………!!」

ぷぷっ…! む……

ぶ… もりゅっ…… ぶ、ぶりゅりゅりゅりゅっ!!  むちゅちゅっ……!!

「あ、あぁ……! ふぁ…あっ……! ああああっ……!」

その数秒が、永遠に続けばいいのに……。

べちゃっ! と大きな音を立てて、私の肛門から溢れ出たほかほかのうんちが、お皿の上、古いうんちに被さっていきます。

ずっと味わっていたいけれど、力いっぱい踏ん張ったら、それはほんの短い間……せつないです。

ピンク色の肉穴から勢いよく飛び出た私の大便は、カメラの前で小さな山を作って、白い湯気をたてていました。

思ったよりも、いっぱい……。

これでいいんだ、と私は思いました。

「あぁ… は…あぁぁぁ………」

うんちも見てほしいけど、今夜は私も見て欲しい。

軽くイきながら直腸の中身を全部しぼりだした後も、私は開ききったおしりの穴を締めないでいました。

そのまま、ぐぐっと腰を前に突き出し、オープニングの時みたいにアップに、腸液の湯気でレンズが曇るくらいに。

便が付着したままの肛門の肉壁と、ついさっきまで大便で満杯だった、私の腸内までがカメラに晒されます。

その刹那に、おしりの穴に無数の男性の逞しい性器を感じて……私の心は、天国の入り口に立っていました。

40名無しさん@ピンキー2016-07-14 17:56:35

>>39

同じの二回張ってるぞ、このどじっ子めw

41死刑執行人 ◆ErY2TknG0w 2016-07-14 18:54:07

>>40

「おお、いいなソレ。俺もやって貰おう」そんな声がし、屈辱と怒りが込み上げ、

男の手を握る手が震え、動きが止まってしまう。

何でこんなことまでしなければならないのか…!

「なんだよ、随分嫌そうじゃねえか。お前がやらないんなら、他の女を連れ込むことになるんだからな?」

「わ、分かってます!」

ナウシカは慌てて行為に集中し、再び自らにぐっと挿入する。

最初はナウシカに任せきりにしていた男は、その指を二本、三本と勝手に増やし、

しかも自ら突っ込んで中でぐちゅぐちゅとかき回す。

「きゃっ! …やめ……やめ…なさいっ!」

更に別の男からは開始早々、「後ろの穴」でイチモツを“洗う”よう要求された。

「そ、そんな! ……お、おしりでキレイになるはずないでしょ? 手か口でさせて!」

「ばーか、何のために三回も浣腸したと思ってるんだ?」

「っ!」

仕方なくナウシカは、逆流して内股を穢す白濁液を手に取り、それをぬるりとイチモツに滑らせ、

それから己の菊座にあてがった。

浣腸器を挿入したからあるいは。という希望的観測は虚しく外れ、

先端をぐいぐい押し込もうとしても、ソコは固く閉じており、全く入っていかない。

(……どうすればいい? どうすれば……)

目立たぬようにお尻に白濁液を持って行っても結果は同じ。

どうしても挿らない。

「イテテテ! オイッ、折れちまうだろ!」

「ごっ、ごめんなさい!」

(…ほぐさなきゃ)

「…あの…その……お、おしりをほぐす時間を少しください…」

「ああいいぜ」

男がすんなり許可したことに心底安堵する。

まずは男の怒張したモノより細い何かを挿れてほぐさなければ。

42名無しさん@ピンキー2016-07-14 19:57:03

>>41

wwwwww

スレタイと内容があってないぞwwわろw

46名無しさん@ピンキー2016-07-15 01:17:29

なんか肛門とマンコと口の逆転が中心だな

ちょっとそれ以外の逆転1個思いついたから書いてみよ

47死刑執行人 ◆ErY2TknG0w 2016-07-15 07:29:37

>>46

「ちょっとお邪魔しますよ、奥さん」

らちが明かぬと見た男は兵士らを従えて強引に家の中に入ってくる。

娘達が入った部屋の前まで来ると言う。

「戸を開けるよう娘さんに言って貰えませんか」

「貴方…なんて恩知らずなの!!」

「奥さんからは何度も美味しい食事を差し入れてもらって、本当に感謝してますよ。

娘さんに焼いてもらったクッキーも美味しかったなあ。

だからね、お礼に娘さんをタップリ可愛がってあげますよ」

「よくも…この! キャアッ!」

母親がホウキを振り上げようとするところを、敵兵に阻まれる。

「それじゃ非常に困った事になりますよ。風の谷とお姫様がね」

「この調子じゃ、ドアを開けるように言って貰えそうもないですね」

男はドアの向こうに向かって話し掛ける。

「上のお姉ちゃん、俺と一緒に来てもらえませんか。

姫様が今すごく困っていて、貴方を待ってるんですよ」

「ダメッ! 絶対開けちゃダメよ!!」

「奥さん、ちょっと黙ってて貰えますか」

「…むぐっ!! ふぐーーーっ!!」

……。

しばしの沈黙の後、ドアが開いた。

「…姫様が私を待ってるんですか?」

「ええ。姫様が待ってます。一緒に来てもらえますか? 貴方なら姫様を助けてあげられるんです」

「……私が」

芯の強そうな瞳の少女は無言で頷き、入口から外に向かう。

兵士に阻まれ少女の名を叫ぶ母親に対し、「心配しないで。私、少しでも姫様のお役に立ちたいの」

少し笑って見せ、そして兵士らに促されるまま装甲車に乗り込む。

少し遅れて戻ってきた父親と母親にとって、悔やんでも悔やみきれないあっという間に出来事であった。

(続きます)

1/8がうまくアップできなかったので、後ほど再度やってみます。

申し訳ありません。

48名無しさん@ピンキー2016-07-15 11:59:26

>>46

期待してるぞ

個人的には目関連のネタが見てみたい

49名無しさん@ピンキー2016-07-15 12:21:57

目とおっぱい

口とまんこ

鼻と肛門が逆転

50名無しさん@ピンキー2016-07-15 15:08:33

>>49

>>48

‘  / ,.イii/ /∠´ `ヾ’ l lレ”´ ヾ

/ ,.’ ii/u i{,_,,  ゜ }! l li{,_,. ゜ }

.  / /ii i/u uヾく,_,ノ′ l lゞi-r”イ

,’ /-、 i| u    ‘ ’ ` ,__〉〉  |      __          〕      〕 .|  .il゛

.  /l 「ヾ’i|   ,.r‐     `’U’U_,ィ}|    ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′

/ | ー}.l| /,r ‘T”丁‾|‾ | l|’|    l  ,zll^゛″  ゛ミ    .ノ       .il|′アll!

}i iト、}( l! ,イ  |__, ⊥ _|__,l|.    《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、

`i iiiハ `| i l_/       _,ノノ||     \《 ヽ     .゛li ._¨”ーv,,_     .》′  ゛゛ミ| r′

.  }iij. |. l |Y/      ‐┴”” ||      \ ,゛r_    lア’    .゛⌒>-vzト    .ミノ′

゛l!  | l|. 仁   _,__      ||        .゛’=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ

/   | |l lニレ’´     `ヾ’、  ||         ゛\ア’   .–  ,,ノ|    、    ゛ミ}

/   |. |ヽ 「]、       ヾ>、||           ゛^ー、,,,¨ -   ”¨.─   :!.,   リ

/   .|  |. ヽ`「ヽ        }H|              〔^ー-v、,,,_,:     i゛「   }

|  |  ヽ`「ヽ、、,__,,ノj‐||              l!     .´゛フ’ーv “.,y    ]

u  |   |  \`’〔`’T”””T´ ,ノ|               |     ,/゛ .ミ;.´.‐    .]

|   |    \ `‾‾‾ /               |     ノ′ ヽ

_,,—””`  ゛l,                        _   ./

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする